ネクタイの結び方(締め方)>ウィンザーノット

ネクタイの結び方(締め方)◆ウインザーノット◆


『ウィンザーノット』は、ウインザー公が流行らせたことで知られています。
英国調スタイルに良く合います。

シンメトリーな逆三角形ではなく、 やや細長い逆三角形を構築した方がエレガント。

ボリューム感と立体感が表現出来れば、 ノットは樽でも三角でも良いですがネクタイの柄には 注意しなければなりません。

『ウィンザーノット』は、やや複雑な結び目のため、 無地や目立たぬ小紋柄がよく似合うネクタイの結び方です。

たっぷりとした仕上がりになるため、幅広の襟口(イタリアンカラーなど)で、生地が薄めのネクタイに適しています。結び目が左右対称になるようにすることがコツです。かなり複雑な結び方です。
〔引用元:Giusto〕







エルメス

ポールスミス
グッチ
プラダ
バーバリー
ストライプ

ドット

無地

モノクロ


続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。